広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

宮島で人気の初詣3選 開門時間の確認と駐車場、フェリー時刻もチェック

記事:2023.12.29

今年も残りわずかとなってきた年の瀬。2024年の初詣は宮島を予定されている方も多いかと思います。そこで、宮島に3つある人気の初詣とその開門時間、さらにアクセスについてまとめます。

嚴島神社

広島を代表する観光地・宮島にある世界遺産で、言わずと知れた人気観光スポット。大晦日には17時に一度閉門し、その後鎮火祭の神事が執り行われます。1月1日0時の新年を迎えると開門して初詣客を迎え入れます。
嚴島神社への初詣は大変人気となっており、大晦日の夜から並んだ行列は表参道商店街まで伸びるほどの人出になります。

正月三が日には高舞台で舞楽(ぶがく)の奉納が行われるなど、初詣の行事を見学しながら参拝することができます。

開門時間

【1月1日】0時開門、18時30分閉門
【1月2日】6時30分開門、18時30分閉門
【1月3日】6時30分開門、18時30分閉門
【1月4日以降】6時30分開門、17時30分閉門


大聖院

弥山(みせん)の麓、嚴島神社の真裏にある人気観光スポットで真言宗御室派の大本山。境内にて除夜の鐘をつくため、例年こちらも大晦日から行列ができます。

元旦から15日までは厄除けや健康を願う御祈願行事「初祈祷祭」が行われます。

開門時間

【1月1日】0時開門、18時30分閉門
【1月2・3日】6時30分開門、18時閉門

大願寺

嚴島神社出口にあるお寺で、日本三大弁財天の一つとしても知られています。嚴島神社での初詣を終えた方がそのまま大願寺にも参拝するため、正月は大変な賑わいをみせます。

開門時間

【1月1日】0時開門、18時閉門
【1月2・3日】7時開門、18時閉門
【1月4日以降】8時30分開門、17時閉門

大晦日から新年の時間帯に宮島へ渡るには

宮島へは宮島口からフェリーに乗船して向かう方法が一般的です。大晦日から元旦にかけては、15分間隔で常にフェリーが運航されるのでどの時間でも向かうことができますが、混雑が予想されます。
また、宮島口からはJR山陽本線が通常ダイヤ最終便後も1時間おきに運行して元旦の始発まで続きます。

宮島口の駐車場

大晦日から新年を迎える時間帯、そして正月のピーク時は大変な混雑が予想されます。通常、フェリー乗り場に近い駐車場から埋まっていき渋滞が発生します。
駐車場は主に山側と海側があり、混雑時でも山側の駐車場には空きがあることが多いですが、フェリー乗り場まで10分ほど歩くようになります。

新年の満潮時間、今年はバッチリ!

2024年1月1日の満潮時刻は0時4分となっており、新年を迎える瞬間は大鳥居と嚴島神社が完全に海に浮かんでいるような光景の中で初詣ができます。
干潮時刻は早朝の6時28分です。元旦には潮が引いているため、歩いて大鳥居の真下まで行くことができます。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)

chief editor:F.ISHIOKA

広島の地域・観光メディアを複数立ち上げ、広島ナビゲーターとして活動しています。 読者の皆様が広島での観光やお出かけをする際、「旅やか広島」の情報を通じて幸せなひとときが創出できますように!と言う想いで日々執筆をしています。

スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す

執筆者

chief editor:F.ISHIOKA

広島の地域・観光メディアを複数立ち上げ、広島ナビゲーターとして活動しています。 読者の皆様が広島での観光やお出かけをする際、「旅やか広島」の情報を通じて幸せなひとときが創出できますように!と言う想いで日々執筆をしています。


PAGETOP