広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

大竹市で2018年の牡蠣祭りが開催されました

2018.1.28

広島県西部に位置する大竹市で、2018年1月28日(日)に「第17回おおたけカキ水産まつり」が開催され、地元市民をはじめとした多くの方が駆けつけ、牡蠣や瀬戸内の幸を楽しみました。


祭りは大竹市の亀居城太鼓保存会による演奏で幕開けとなり、鏡開きによって開始が告げられました。
今年使用されたのは広島の名酒・千福。「来場者に福が来るように」との願いが込められており、鏡開き後に振る舞われました。


 
この牡蠣祭りでは、大竹市が県内の養殖収穫量第一位を誇るハマチの試食や即売も合わせて行われていることで人気となっています。
ハマチは大竹市の阿多田島近海で養殖されている「あたたハマチ」。広島県特産のレモンを餌に混ぜているため身の香りが良く、色落ちせず長持ちすることが特徴のブランドハマチです。


今年はあたたハマチの試食が2000食用意され、祭り開始前から長蛇の列が出来ていました。

 
あたたハマチの即売会では、なんと開始20分もしないうちに完売して残りはアラのみという状況に。購入しようとされた方々が残念そうに見つめるほど、人気の商品でした。



スポンサーリンク

メインの牡蠣も大人気で、焼きガキ・牡蠣めし・牡蠣ぞうすいなどが販売。特に焼きガキは2個で200円と牡蠣祭りならではの特価。こちらの行列もなかなかの長さです。


 
瀬戸内の魚介類は牡蠣や穴子をはじめ多数販売され、次々と買い求められていく姿も。


この日はあいにくの天気でしたが、開始から30分を過ぎると会場はほぼ満員状態。祭りの人気がうかがえます。



会場では、カープ選手によるトークショーやカープ観戦チケットが当たるビンゴゲーム大会、さらにサンフレッチェの選手グッズが当たるじゃんけん大会や地元神楽、歌謡ショーなど行われて会場は大盛り上がり。
瀬戸内の幸や地元グルメの大竹オイスター焼きそば、そして広島の名産・特産など様々な食にも出会うことができ、開始から終了まで楽しめる内容でした。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP