広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

宮島 嚴島神社で大鳥居の扁額を期間限定の特別展示

記事:2020.11.19

広島を代表する人気観光スポット・宮島にある世界遺産「嚴島神社」にて、2020年12月13日(日)までの期間、大鳥居に掲げられている「扁額(へんがく)」が特別展示されています。



スポンサーリンク

宮島では、コロナの影響で観光客が激減し、通りを歩く人の姿が消えた時期もありましたが、現在はGo To トラベルの影響もあり、多くの観光客が戻ってきています。島内は久しぶりに活気を見せ、嚴島神社への参拝者も増えているようです。

宮島観光の主役となっている嚴島神社沖に立つ大鳥居は、現在大規模な保存修理工事が行われており、鳥居全体がネットで覆われています。

このため、通常のような見学ができないことから、大鳥居に掲げられている扁額を嚴島神社で特別に展示しています。

いつもは見上げた先にあった扁額を、目の前にして見学できる期間限定の特別な展示に、多くの観光客が参拝に訪れています。

大鳥居の扁額は、沖側に掲げられている「嚴嶋神社」と、社殿側に掲げられている「伊都岐島神社」の2種類あります。


[沖側から見た大鳥居]



[社殿側から見た大鳥居]

参拝者は扁額の大きさと存在感に驚き、しばし足を止めて見入っているや、並んで記念写真を撮る方など様々です。

大鳥居の修理工事が終え、扁額が元の位置へ掲げられた際には、今までとは違った視点で参拝が出来そうです。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP