広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島県東部の県立学校教職員が新型コロナウイルスに感染 庄原市初確認

記事:2020.8.8

2020年8月8日(土)、広島県東部の県立学校教職員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したと発表がありました。庄原市在住者で感染が確認されたのは初めてとなり、再陽性を除くと広島県内では398人目となります。
(県立学校とは、一部の中学校と、高校、特別支援学校のいずれかを指します)

感染患者情報と経過

現時点で県内他事例との関連はなし。県外等への往来なし。

年齢:50代
居住地:庄原市
職業:県東部県立学校教職員
症状:発熱、咳、倦怠感

7月31日
発熱、咳、倦怠感を発症。
8月2日
一旦解熱したため勤務。
8月3日
勤務なし。発熱のため、医療機関を受診。
8月4日
一旦出勤も、学校の検温で発熱があったため、勤務することなし帰宅。以降勤務なし。
7月7日
医療機関を受診。検体採取。
8月8日
PCR検査の結果、陽性が判明。感染症指定医療機関等へ入院予定。
現時点で、濃厚接触者は数名(生徒以外)。生徒との接触は一定程度あるが、感染リスクのある接触者(生徒約80人、教職員18人)はある程度把握出来ている。

 

 

なお、同日広島市で新たに2人、呉市で新たに1人、福山市で新たに2人の感染者が確認されており、広島県内では1日で6人の感染確認となります。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP