広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

西条で「酒まつり」が開催されました

酒の都・西条で2017年10月7日(土)・8日(日)に「酒まつり」が開催されました。
毎年2日間でおよそ25万人の来場者で大いに賑わう酒まつり。近年は外国人の参加人数も増えているようで、至るところで西条の酒を楽しんでいる外国人の様子を見かけました。

 

酒ひろば

全国から地酒1012銘柄が集まり飲み比べができる「酒ひろば」には、来場者がぎっしりと詰めかけて大賑わい。

 

広場内は各地方ごとにお酒のブースが分れており、「中国地方はどこ?」や「次、中部地方に行こ!」など、楽しそうにお酒を探す声が聞こえていました。

 

KIZUNA会場

KIZUNA会場では、乾杯で人と人との絆を繋げるテーマを掲げて、来場者と「1000人の乾杯リレー」を実施。
会場中に響く「カンパーイ」の大きな声は、開催1日目であっという間に1000人を突破し、その後も次々と乾杯の輪が広がっていきました。

 

酒蔵イベント(賀茂鶴酒造)

8つある酒蔵では、限定酒や大吟醸ジェラートの販売など、それぞれ酒蔵イベントを開催。中でも賀茂鶴酒造さんは設立100周年を迎えることもあり、利き酒トライアルや杉玉作りの実演など趣向を凝らした新企画が盛りだくさん。みなさんで酒まつりを大いに盛り上げていました。

 

お酒の販売コーナーでは、設立100周年を記念して10月2日に発売されたばかりの純米のお酒「広島錦」が登場。ワインレッドのパッケージはひときわ目を引く存在感です。

 

賀茂鶴酒造さんは、商号に「鶴」を使用していることから、鶴の保護活動を行なっている北海道の「釧路市タンチョウツ鶴愛護会」へ、およそ半世紀にわたって寄付を行なってきました。
今年はそのお礼を兼て愛護会の方々がはるばる北海道から駆けつけ、丹頂鶴音頭を披露されました。

 

恒例の鏡割りは来場者の中から数名を募り、「ヨイショ、ヨイショ、ヨイショー」の掛け声で勢いよく開かれ拍手喝采。

 

その後、「ミス日本酒」から来場者に振る舞い酒が配られると、あっという間に長い行列が。

 

そのほか、まつり会場の様々なエリアではグルメが充実しており、西条のご当地グルメである美酒鍋をはじめ、焼き牡蠣、広島ビール牛、三原タコ、お好み焼きなど広島グルメをとことん満喫することができました。

 

  • 酒都・西条で酒まつりが開催されます
  • 酒都・西条で酒まつりが開催されます

    広島をはじめ、全国約1000銘柄の地酒が楽しめる「酒まつり」が2017年10月7日(土)・8日(日)に、JR西条駅前周辺で開催されます。

    地域をあげて開催される酒まつりは、毎年多くの地元客・観光客で賑わう恒例イベントとなっています。

    酒まつりの企画は多彩で、約1000銘柄の地酒が楽しめる酒ひろば・郷土料理の美酒鍋を楽しめる会場・グルメやステージイベントが楽しめるKIZUNA会場・数多くのブースが並びステージイベントも行われる五千人の居酒屋会場・蔵元を解放して各種イベントが開催される蔵元イベントなど様々。地酒片手に来場者が思い思いに楽しめるイベントとなっています。

     

    酒まつり

    開催日
    2017年10月7日(土)・8日(日)
    時間
    【酒広場】7日10:00〜20:00(入場19:00まで)/8日10:00〜17:00(入場16:00まで)
    場所
    JR西条駅周辺
    詳細ページ
    酒まつりイベントページ
    お問合せ
    酒まつり実行員会:TEL.082-420-0330
  • 第3回 西条酒蔵通り あかりの散歩道が開催中です
  • 第3回 西条酒蔵通り あかりの散歩道が開催中です

    酒都・西条の酒蔵通りで、酒蔵煙突や白壁などがライトアップされる「西条酒蔵通り あかりの散歩道」が2017年3月4日(土)から始まりました。   酒蔵の煙突7本がライトアップされ、周辺の白壁には行燈(あんどん)が灯り、小道に並ぶLEDキャンドルで辺りは幻想的な雰囲気に。 この日は夕方まで醸華町まつりで賑わっていましたが、夜になると全く違った表情をした町並みが出迎えてくれました。   期間中の土曜日はキャンドルづくり体験や利き酒コーナーなどのイベントが開催されるほか、観光案内所などで手さげ提灯(ちょうちん)の貸し出しがあり、灯りを片手に酒蔵通りを巡ることもできます。 提灯を持って、ちょっと特別な散策を体験してみてはいかがでしょうか。     【第3回 西条酒蔵通り あかりの散歩道】
    開催日 2017年3月4日(土)〜3月20日(月)
    時間 18:00~21:00
    場所 酒蔵通り一帯
    詳細 イベントページ
    お問い合わせ 東広島市観光協会 TEL.082-420-0310
  • 春の西条で醸華町まつりが開催されました
  • 春の西条で醸華町まつりが開催されました

    酒処西条で、2017年3月4日(土)に「第10回 春の西条 醸華町(じょうかまち)まつり」が開催されました。   広島の酒造り蔵元7社が集まっている西条の酒蔵通りで多種多様な利き酒が楽しめるとあって、多くの来場者で賑わいました。 通りには地酒の心地よい香りが漂い、引き寄せられるように酒蔵へと入っていきます。   酒蔵では利き酒の他、お酒にあうおつまみや西条酒の販売も行われ、お目当のお酒を買い求める来場者で賑わいました。   お酒に合うグルメは様々ですが、この日一番の人気は広島名物の牡蠣。「安芸津」の殻付き焼き牡蠣は1個100円ということもあり、長い列ができていました。   西条酒を竹筒で燗にして、竹の容器で飲む「竹酒」は人気で、通りを歩いているとあちらこちらで竹の器を持った方を見かけました。   くぐり門ひろばでは利き酒大会も行われ、参加者は真剣な表情。   賀茂鶴では、酒蔵でのステージイベントやワークショップが行われる「酒蔵マルシェ&ライブ3rd」が開催され、ひときわ賑わいを見せていました。   お酒の祭りとあって、参加者の中には程よくお酒がまわり、上機嫌で酒蔵を巡り歩いている方も見られました。

    執筆者

    編集長 イシオカ

    広島の地域・観光ナビゲーター兼アドバイザーをやっています。観光情報メディアの仕事に携わってはや10年、広島の様々な魅力を発見してきました。読者の皆様が広島で観光やお出かけをする際、「旅やか広島」の情報を通じて幸せなひとときが創出できますように!と言う想いで日々執筆をしています。

    スポンサーリンク

    執筆者

    編集長 イシオカ

    広島の地域・観光ナビゲーター兼アドバイザーをやっています。観光情報メディアの仕事に携わってはや10年、広島の様々な魅力を発見してきました。読者の皆様が広島で観光やお出かけをする際、「旅やか広島」の情報を通じて幸せなひとときが創出できますように!と言う想いで日々執筆をしています。

    飲食店を探す