広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島復興を願い「ひろしま盆ダンス」が開催されました

広島市中区中心部にある旧広島市民球場跡地で、2018年8月11日に「ひろしま盆ダンス」が開催されました。



スポンサーリンク

原爆投下の一年後に、戦災供養の盆踊りが行われてから72年の月日を経ての開催。今年、原爆犠牲者と先の西日本豪雨災害の犠牲者に冥福を祈るため、原爆ドームへ向かい黙祷が行われて盆ダンスが始まりました。

スタートは和太鼓による呼び込み太鼓が打ち鳴らされます。

その後、主催者の挨拶が終わると、会場に飾られた提灯に明かりが一斉につく火入れが行われ、参加者から歓声と拍手が湧き起こりました。

最初の演目は広島音頭で幕開け。参加者は浴衣を着た広島市民をはじめ、国内外からの観光客も多く集まり国際色豊かな盆踊りで盛り上がります。

会場内にはグルメコーナーもあり、夏祭り定番の焼きそばからブラジル料理、カレー、ナンなど国際料理に、広島地酒など様々なグルメを楽しめます。


おりづるコートでは折り紙で作る折り鶴体験ができ、出来上がった鶴は折り鶴モニュメントに飾りつけることができ、参加者で作る折り鶴が時間を追うごとに増えていきました。

折り鶴モニュメントの周囲には、1000個のキャンドルが辺りを照らし、幻想的な雰囲気を演出。

会場の隣にはおりづるタワーがあり、当日は夜間の特別営業「ROOF TOP BAR」が屋上展望台にて行われており、浴衣を着た来場者が展望台から盆ダンスを楽しむ姿も見られました。

この日はおよそ15000人が集まり、平和を祈る広島の盆踊りを楽しみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP