広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島県内全市町で新たに990人の新型コロナ感染者 千人以下は84日ぶり

記事:2023.1.23

2023年1月23日(月)、広島県内では23の全市町で新たに990人の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者が確認されたと発表がありました。
1日の感染者数が1,000人を下回るのは、昨年10月31日の728人以来84日ぶりとなります。
感染者の内訳は、広島市404人、呉市45人、福山市202人、大竹市9人、廿日市市35人、府中町16人、海田町12人、熊野町12人、坂町5人、安芸高田市4人、安芸太田町6人、北広島町11人、江田島市1人、東広島市70人、竹原市7人、大崎上島町2人、三原市34人、尾道市50人、世羅町9人、府中市7人、神石高原町5人、三次市33人、庄原市11人です。

前日からは919人減少、前週同曜日比では603人減少しています。

広島県では、昨年12月16日より県独自の「医療非常事態警報」が発令中です。
広島県の湯崎知事は県民に向けて、オミクロン株対応ワクチン接種の検討、日常生活での感染対策、会食での会話時のマスク着用、重症化リスクの高い方を守る行動の実践、救急外来及び救急車の利用は真に必要な場合に限るよう呼びかけています。

広島県の現在の感染レベルは2で「感染拡大初期」となっています。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

広島グルメレポート(旨い広島)

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP