広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島県などでまん延防止重点措置の適用決定 8月20日から

記事:2021.8.17

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2021年8月17日(火)、新たに7府県で緊急事態宣言対象地域が追加され、広島県を含む10県でまん延防止等重点措置の適用が決定しました。

広島県内の感染状況は、8月12日に直近1週間の10万人あたりの新規感染者数がステージ4を超え、入院率もステージ4を超えました。
集中対策地域の広島市・廿日市市・三原市と追加重点区域とした呉市・尾道市・福山市・府中市のみならず、他の地域においても感染拡大が続いており、現状は集中対策の効果が出ておらず、さらなる強い対策が必要な状況になっていることから、この度の措置適用となりました。

また、今後感染状況が改善しなければ緊急事態宣言の要請も検討することになります。

湯崎県知事の会見内容

まん延防止措置適用の考え方

・感染を抑える基本的な考え方は、人との接触を削減。
・昼間の人出削減ができておらず、夜の人出においてももう一段階削減が必要。
・こういった状況を踏まえて、国にまん延防止重点措置の適用を要請して認められた。期間は8月20日〜9月12日。
・専門家による県内のステージは、病床の逼迫具合を加味して全県でステージ3の判断。

対策地域について

・今回のまん延防止措置適用にあたり、これまでの集中対策地域から区域を追加。
・追加地域は、海田町・坂町・府中町・東広島市・竹原市の5市町で、計12市町。
・県内全域→昼間の人出抑制
・重点措置区域→昼間・夜間のさらなる人出を減少

措置の内容

【飲食店】
・重点措置区域全ての飲食店へ5時〜20時までの時短要請
・お酒の提供は終日行わないことを要請

【人が集まる施設への使用制限】
・面積に応じて要請が異なる
・夜間の人出のさらなる削減を目的に、1000m2を超える大規模施設に20時までの時短要請

【イベント】
・集中対策時と変わらず全県での要請。
・イベントの開催時間を21時までの時短要請。

県民へのお願い

・夏休みに入り県外感染者との関連を持つ感染が急増している。
・県外往来について改めて、緊急事態宣言地域・まん延防止措置地域との往来は最大限自粛、感染拡大地域との往来は慎重に判断してもらいたい。
・県内移動でも重点措置区域との往来は最大限自粛をお願いしたい。
・外出半減
・出勤者を7割削減
・人と人との接触を8割削減
・県民の皆さんには、協力要請に応じていないお店を利用しないようにお願いしたい。路上飲みもやめていただきたい。

ワクチンについて

・ワクチン接種迅速化の取り組みとして広島市と福山市に大規模接種会場を設置。
[広島市中区の天満屋八丁堀ビルと福山市のビッグローズ]
・広島県に住民票のある12歳以上の方を対象
・Web予約は8月21日から

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

人気記事はこちら

None Found

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP