広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島県尾道市・廿日市市・熊野町で各1人の新型コロナ感染 県内324人目に

記事:2020.7.31

2020年7月31日(金)、広島県尾道市・廿日市市・熊野町で新たに1人ずつ、計3人の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が確認されたと発表がありました。
廿日市市では、ボートレース宮島で開催されたレースに出場した選手から複数の感染者が確認されており、クラスターが発生しました。

熊野町の感染患者情報と経過

年齢:60代
居住地:熊野町
症状:発熱

7月26日
発熱。
7月30日
検査の結果、陽性が判明。感染症指定医療機関等に入院。

 

尾道市の感染患者情報と経過

福岡市でクラスターが発生したナイトクラブを利用。その他県外への往来あり。

年齢:20代
居住地:尾道市
症状:発熱、倦怠感

7月20日
発熱、倦怠感を発症。
7月31日
検査の結果、陽性が判明。感染症指定医療機関等に入院。

 

廿日市市の感染患者情報と経過

7月29日に感染が確認された府中町(30代・ボートレーサー)の濃厚接触者。
7月22日〜27日までボートレース宮島で開催されたレースに出場した選手の計6人から新型コロナの感染が確認され、そのうちの1人。全国から選手約50人、関係者約60人が集まっており、クラスターが発生した模様。

年齢:20代
居住地:廿日市市
職業:ボートレーサー
症状:無症状

 


なお、同日広島市でも新たに11人、福山市で新たに2人、呉市で新たに2人の感染者が確認されており、広島県内では1日に18人の感染確認となります。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

広島グルメレポート(旨い広島)

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP