広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

宮島土産にオススメの「杓子ストラップ」

記事:2019.4.17

まもなくゴールデンウィークを迎え、宮島へも多くの観光客が来島します。
宮島土産と言えば、もみじ饅頭・揚げもみじ・牡蠣商品など食べ物が有名ですが、形に残る宮島土産としてメディアに多く取り上げられているのが「宮島しゃもじ」です。宮島のしゃもじは歴史も古く、江戸時代から製造をはじめ「しゃもじ発祥の地」とも言われています。



スポンサーリンク

宮島しゃもじを販売しているお店でオススメは「杓子の家(しゃくしのいえ)」。中でも今オススメの商品は「杓子ストラップ」です。
表面には文字やイラストが入っており、その種類は約200種類。スマートフォンやかばんのストラップとして活用できます。

裏面には名前などお気に入りの文字を記入することができます。「杓子の家」では書家の手書きなので、世界で一つだけのストラップとしてお友達や親族へのお土産としても喜ばれている商品です。

さらに、今イチオシの商品は、5月1日に「平成」から「令和」へと新元号が施行される記念に販売されている「令和」しゃもじ。
令和の文字と「宮島」・「開運」の焼印が施され、しゃもじの柄の部分には手書き文字を書いてもらうこともできる縁起の良いしゃもじです。
これから訪れる令和への開運、そして幸福を願い、購入される方が多いようです。


ゴールデンウィーク期間中は、「杓子ストラップ」などのお土産を購入される方が大変多くなることが予測されます。宮島観光の際に購入予定の方は、まず「杓子の家」に来店して商品を注文後、文字を書いている間に宮島を観光して、帰り際に商品を取りに行くと観光の時間を有効に使えます。

令和の新しい時代に向けて宮島の開運土産をぜひ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP