広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

名勝・錦帯橋で第21回とんど祭り(どんど)が開催されました

2018.1.15

広島のすぐお隣、岩国市にある錦帯橋の下河原で2018年のとんど祭り(どんど)が開催されました。

『錦帯橋とんど祭りの動画』



スポンサーリンク

広島では日中に行われるとんどが一般的ですが、錦帯橋のとんど祭りは17時からスタートして辺りが暗くなり始めた頃に火がつきます。 河原には大きな櫓が組まれ、参加者は古いお守りなどを投げ入れていきます。 書き初めをとんどで焼くと字が綺麗になると言われており、いくつか投げ入れられているのも見てとれました。

17時になると神事が執り行われ、岩国市長や商工会会頭などが挨拶をします。

その後、火のついた松明が一斉にとんどへ投げ入れられると、瞬く間に激しい炎となり火の粉や煙が昇ります。

とんど祭りを祝って花火の打ち上げもあります。これは錦帯橋とんど祭りならでは。 辺りが一段と暗くなると炎の明るさが一層際立ちます。寒かった河原はとんどの火で暖かくなり、ひとときの間、炎のゆらぎを無心で眺めていました。

気がつくと奥に見える錦帯橋がライトアップされて、灯りの共演を見ることが出来ました。

テントではぜんざいが振る舞われて長い行列に。そのうち、中にいれるお餅がなくなりお汁だけとなりましたが、それでも暖かいぜんざいは美味しく、お汁が無くなるまで振る舞われました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP