広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島県内の新型コロナ感染患者 これまでの退院は計139人に

記事:2020.5.23

広島県内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者のうち、2020年5月22日(金)までに退院した人数は合計で139人となり、現在の患者数は23人まで減りました。



スポンサーリンク

新型コロナの感染が確認されて入院した患者は、退院基準を満たすまで1ヶ月以上の入院が必要なケースが多くあります。そのため、新規感染者が増加した4月は入院患者が増えていく一方でした。
164人まで増えた県内の感染患者数ですが、緊急事態宣言が発令されて外出自粛や休業等の感染防止対策が功奏し、5月4日以降再陽性の2人を除くと新規感染者は確認されていません。
その結果、5月22日時点での入院患者数は23人まで減っています。

5月22日時点の患者療養先内訳

感染症指定医療機関等入院
9人
宿泊療養
6人
施設療養
8人

 

5月22日時点の医療機関体制

[受入医療機関病床]
医療機関数
18施設
確保病床数
266床
空床数
257床
空床率
96.6%
[宿泊療養施設]
確保室数
130室
空床数
124室
空床率
95.3%

 

県内の感染が落ち着いたことに合わせて、こうした医療体制が整ったことが、外出自粛や休業要請の全面解除となった要因になりました。

今後は、政府が示す「新しい生活様式」へ移行し、一人ひとりが日々の感染防止策を徹底し、感染の再流行を起こさないように生活することが重要になってきます。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

広島グルメレポート(旨い広島)

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP