広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

緊急事態宣言解除で広島県が外出自粛・休業要請を前倒しで緩和

記事:2020.5.15

新型コロナウイウルス感染症による緊急事態宣言が39県で解除されたことを受け、広島県は2020年5月15日(金)をもって緊急事態措置を解除すると発表がありました。これにより、外出自粛や休業要請が当初の予定より前倒しで緩和されます。



スポンサーリンク

広島県内では、これまで164人の新型コロナ感染者が確認されていますが、5月4日以降11日連続で新規感染者の確認がされておらず、感染経路不明患者が全体の15%と低い水準であること、また医療体制が整ってきたことなど総合的に判断して、制限緩和を早める判断をしました。

外出自粛の緩和

緊急事態措置期間
平日・週末問わず外出自粛を要請
他県への移動自粛要請
5月15日から
週末(土日)の外出自粛要請
緊急事態宣言が続いている都道府県への移動自粛
その他の県への不要不急の移動自粛

 

休業要請の緩和

一部の施設を除いて休業要請解除となります。
以下の施設については、引き続き休業等の要請が出されています。

飲食店
5月15日から営業時間の制限解除(通常営業)
※酒類の提供は22時まで
5月31日まで休業要請
スポーツクラブやジムなどの運動施設・キャバレー・ナイトクラブ・スナック・バー・ダーツバー・パブ等・カラオケボックス・カラオケ喫茶・ライブハウス・風俗等に関する営業

 

イベントの制限緩和

屋内イベント
100人以下かつ、収容定員の半分以下の参加人数での開催
屋外イベント
200人以下かつ、人と人との距離が2mほど確保できるようにして開催
備考
全国的かつ大規模イベントは、リスクアセスメントの対応が整わない場合、中止または延期するよう慎重な対応が求められる

 

当初、広島県がフェーズ分けした感染防止対策では、現在はレベル3で5月20日頃にレベル2、6月1日からレベル1への移行を想定していましたが、県内の感染状況が低い水準で安定出来ているため、5月15日から制限解除対象を増やした上でレベル2への移行となりました。

今後、感染状況が悪化した場合は逆戻りとなるため、引き続き事業者や一人ひとりに感染防止対策の徹底が求められます。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP