広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島で最も利用の多い「JR広島駅総合観光案内所」の利用者数が5%に

記事:2020.4.26

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言を受け、外出自粛が続くゴールデンウィーク。本来は国内外の観光客で賑わう広島も今は自粛が続き、山陽新幹線の利用率も4月中旬以降には昨年に比べ10%を切っています。



スポンサーリンク

ゴールデンウィーク期間に突入する前の平日、観光案内所では利用者が殺到するハイシーズンに向けて準備を整えます。とりわけ、JR広島駅にある総合観光案内所は、広島県内で最も観光客の利用が多い案内所で、ゴールデンウィークに入る前でも1日およそ600人が案内を求めて観光客が訪れています。しかし、新型コロナの拡大で外出自粛が続く今では、朝6時から夜0時までの営業中に訪れる数は30人程度。通常時から見ると5%の数です。案内の内容もスーパーの場所やATMの場所など、地元利用者への案内がメインです。

[感染防止策として受付窓口に透明シートを張って応対]

広島駅総合案内所は、外国人への案内におけるサービス基準が最高レベルにあたる「カテゴリー3」の認定を受けており、多くの外国人観光客への観光案内も行なっていましたが、今ではその姿を見ることはありません。

施設内には県内外の無料観光冊子も数多く設置されていますが、持っていく人がいないため倉庫に在庫が積まれています。

桜のシーズンから春の行楽シーズンまで観光客が殺到していた案内所。またそんな光景が戻ってくる日を待ちながら、今日も案内所ではスタッフが立っています。

[2017年10月オープン時の観光案内所↓]

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

人気記事はこちら

None Found

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP