広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島市の新型コロナ集中対策期間が2月21日で終了決定 営業時短要請解除へ

記事:2021.2.17

広島県の湯崎県知事は、新型コロナウイルスの感染防止対策として実施してきた広島市の集中対策期間を、2021年2月21日(日)で終了すると会見で発表しました。これにより、外出機会の削減や営業時間短縮要請が原則解除されます。

広島市は、一時全国2番目に高い感染水準となっていましたが、現在は全国30番目まで下がっており、2月5日からは警戒基準値を下回り、広島県全体で見ても安定して低い水準で推移しています。その後も安定いることから、感染ステージを2から1へ引き下げると共に、昨年12月12日から続けてきた集中対策の終了を判断されました。

また、集中対策を終了するにあたり、感染の再拡大をさせないための対処方針が改正されました。
これは、警戒基準値を超えた辺りから感染が急速に広がっていった経験から、今後も警戒基準値に迫るような感染が確認された場合には、再度の行動制限について準備を進める必要があるため、感染状況を低く抑え込み続けるための方針になります。

対処方針改正ポイント

集中対策の内容を一部継続

基本的な感染防止対策の徹底。
飲食店を利用する場合は、物理的な感染対策が実施されている店舗を利用。
感染拡大地域との往来は最大限自粛。

注意点を追加

季節のイベントに感染しない・させないなど注意。
PCR検査の集中実施。
家庭内での感染防止実践例。

PCRセンターについて

県内5箇所のPCRセンターを2月末から当面へ延長。
広島市内2箇所のPCRセンターは、2月22日からモニタリングポイントとして、毎日先着500名が無料で検査可能。

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

広島グルメレポート(旨い広島)

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP