広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島市で2例目となる新型コロナウイルス感染患者確認 県内では4例目に

記事:2020.3.26

2020年3月26日、広島市で2例目となる新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が確認されたことが、松井市長の会見で明らかになりました。広島県内では4例目となります。

以下、「広島市新型コロナウイルス感染症対策本部」の発表内容です。

感染患者情報

年齢:40代
性別:女性
居住地:広島市
職業:自営業
主な症状:発熱、咳、鼻汁(現在、症状は安定している。)
発症前14日以内に渡航歴なし。また、発症後はマスクを着用していたとのこと。

 

行動歴・症状歴

3月19日(木)
未明に39度の発熱、倦怠感
朝に解熱したが、夜に39度の発熱
3月20日(金)
朝に解熱したが、夜に38.5度の発熱
3月21日(土)
発熱なし
3月22日(日)
発熱なし
屋外スポーツ施設A(廿日市市)利用
3月23日(月)
屋外スポーツ施設B(東広島市)利用
夜に39.5度の発熱。解熱剤を服用し解熱
3月24日(火)
発熱が継続したため、保健センターに相談
A医療機関を受診
3月25日(水)
未明に39.9℃の発熱。B医療機関を受診
胸部CT検査の結果、肺炎の所見があり、医師が保健センターと協議の上、新型コロナウイルス感染症を疑い、検体を採取
遺伝子検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明
夜に咳、鼻汁出現
3月26日(木)
未明に38.4度の発熱、解熱剤を服用
感染症指定医療機関に入院。(体温36.1度、咳、鼻汁)

今後は、行動歴をもとに濃厚接触者の健康状態把握など疫学調査の実施や、感染拡大防止のための必要情報を速やかに提供していくと発表されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP