広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

尾道港開港850年記念 ブルーインパルス展示飛行が開催されました

記事:2019.7.27

広島県尾道市と向島に挟まれた尾道水道上空で、2019年7月27日(土)に「尾道港開港850年記念 ブルーインパルス展示飛行」が開催されました。



スポンサーリンク

JR尾道駅から西側の海沿いに設けられた特別観覧エリアには、尾道の地元市民や遠方から集まった多くの見学客で溢れ、入場制限がかかるほど。溢れた見学客は歩行者天国となった通りや周辺で観覧するなど、ブルーインパルスの人気ぶりがうかがえます。

宮城県松島基地の第11飛行隊から尾道港開港の周年記念を祝いに、ブルーイパルス2機が尾道上空やってきました。
広島空港から飛び立ち、イベント開始まで上空待機をしているブルーインパルス。会場ではその時が来るのをそわそわしながら待っています。

「向かって左上空から登場します」とアナウンスがあると見学客は一斉に左の空を見つめます。青空に白いスモークの軌跡が描かれると歓声が上がり、ブルーインパルスの展示飛行がはじまりました。

2機の機体がぴったりとくっついて飛行する様子や、スモークで青空にハートを描く飛行に、会場からは驚きや歓声の声があがります。



展示飛行の時間はおよそ10分間ほどでしたが、最後には空一面に描く巨大なハートで締めくくると、大歓声と拍手が沸き起こりました。

見学客の感動と笑顔が溢れた印象的なイベントでした。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気記事はこちら

None Found

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP