広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

宮島の大晦日に今年もたいまつの炎が行き交う【鎮火祭】

2018.12.23

広島の人気観光地・宮島で、2018年12月31日の大晦日に、毎年恒例行事の「鎮火祭」が開催されます。
(昨年の様子はこちら)




スポンサーリンク

石鳥居がある御笠浜から嚴島神社入口まで、たいまつを抱えた大人たちが何度も往復し、宮島で1年間の火難除けを願う伝統行事。多くの観光客が見守る中、その年最後の一大行事が宮島の島民によって行われます。

大きなたいまつは何人もの大人が担いで練り歩き、前を通り過ぎる際には熱風も感じるほどの迫力です。

およそ30分ほどたいまつが往復されると鎮火祭は終了となり、参加者はこの火を小さなたいまつに移して「火難除のお守り」として持ち帰ります。

その後、嚴島神社では初詣が行われるため、参拝の列ができはじめます。

12月31日から元旦にかけては臨時フェリーも出航しています。
今年の大晦日・初詣は、宮島へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP