広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

広島市介護施設でクラスター発生 新たに21人の新型コロナウイルス感染確認

記事:2021.1.22

2021年1月22日(金)、広島市にある介護施設で新たにクラスターが発生したと発表がありました。また、広島市では新たに21人の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者が確認されたと発表がありました。再陽性を除くと広島市では累計3051人となります。

介護施設クラスターの発生状況

1月17日に広島市の介護施設でクラスターが発生。現時点で、職員・利用者合わせて5人の感染を確認。
[経緯]
1月9日、感染患者となった親族の濃厚接触者として、介護施設職員1人がPCR検査を実施。
1月10日、検査の結果、新型コロナ陽性が判明。
1月11・12日に、接触の可能性があった職員6人と利用者20人に対してPCR検査を実施。結果、職員1人、利用者2人に新型コロナ陽性が判明。
1月15日、陰性となった利用者1人が体調不良のため、医療機関を受診。
1月17日にPCR検査の結果、新型コロナ陽性が判明。
[年齢]
職員:20代1人、30代1人
利用者:70人1人、80代2人
[居住地]
広島市
[症状]
利用者1人が中等症、他軽症又は無症状

新規感染患者情報

[感染確認日]
1月21日(木)

[年齢]
10歳未満1人・10代1人・20代1人・30代3人・40代7人・50代1人・60代4人・70代2人・80代1人

[症状]
無症状:6人

[入院状況]
広島市内の感染症指定医療機関等:3人
宿泊療養施設:2人
入院調整中:16人

[感染者情報引用元:広島市]

スポンサーリンク
※掲載内容は、掲載時もしくは取材時の情報に基づいています。お出かけ・ご利用等の際には最新の情報をご確認下さい。(免責事項について)
スポンサーリンク

広島グルメレポート(旨い広島)

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP