広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

宮島で夏の風物詩「管絃祭」 改修中の大鳥居は足場を一時撤去で開催

記事:2019.6.19

宮島の嚴島神社周辺で、日本三大船神事のひとつ「管絃祭」が、2019年7月19日(金)に開催されます。



スポンサーリンク

かがり火を焚いた御座船(管絃船)が、瀬戸内の海を勇壮に渡る姿が圧巻な祭り。毎年旧暦6月17日の日に行われています。

御座船は大鳥居前を出発すると、宮島対岸の地御前神社を経て、長浜神社、大元神社の前で管絃を奏で、大鳥居をくぐって嚴島神社へ戻り管絃を奉納します。

現在大鳥居は大規模改修に入りましたが、管絃祭に合わせて7月10日〜19日は足場が撤去され、部分的なロープ柵のみが張られます。

長浜神社では、ちょうちんを手にした参観者が出迎え、嚴島神社まで歩くちょうちん行列も行われます。

祭りは深夜まで続くので帰りのフェリーをチェックした上で見学することをお勧めします。当日のJR宮島フェリーは、22時台まで15分おきに出航する管絃祭ダイヤでの運航となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気記事はこちら

None Found

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP