広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

海王に乗り込んで宇宙海賊船クルーズ

2017.10.6

マリーナホップから出航してる海賊船・海王で、2017年10月7日(土)に「宇宙海賊船クルーズ」が開催されます。

 

今年で2回目となる宇宙をテーマにした同イベントは、昨年同様井筒宇宙博士を迎えての航海となります。
前回は、9月15日の十五夜に出航したこともあり、井筒宇宙博士から月に関する話しを絡めた宇宙トークショーが繰り広げられました。

昨年の様子

 

今年は満月とりゅう座流星群の観測会とともに宇宙トークショーを予定している他、吉田優子バンドによる二胡ライブも行われます。

夜は冷えるので上着を用意して、海上の海賊船から宇宙に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

  • 広島平和記念資料館 東館が4/26リニューアルオープン
  • 広島平和記念資料館 東館が4/26リニューアルオープン

    2017.4.26
    改修工事中の広島平和記念資料館 東館が4/26(水)がリニューアルオープンしました。   地上3階から地下1階からまでを使用して、原子爆弾製造の歴史から原爆投下、そして広島の復興と原爆の非人道性や原爆被害の凄惨さなどをこれまで以上に伝えていくための資料館としてリニューアルされました。   エスカレーターを昇って3階に到着すると、原爆投下前の原爆ドーム周辺の街並み写真が壁一面掲載されています。   先へ進むと、最新技術を駆使したCGを用いて被爆前後の広島の街並みを再現した動画を見ることができ、1発の原子爆弾が一瞬で広島の街を廃墟とした映像が再現されています。   フロアには原子爆弾がどのようにして作られてきたのか、製造の歴史から核廃絶に向けた取り組みまでの変遷が実在の資料とともに展示されています。   実際にさわることのできる資料も展示されています。   さらに原子爆弾についての詳細は大型のタッチパネル形式の情報検索装置情報を用いて調べることもできます。   実際に被爆体験をされた方のメッセージも聞くことのできる個室スペースもあります。   2階は原爆投下後の広島復興への歩みと核兵器のない世界平和への取り組みについての資料と、第二次世界大戦当時の情勢を知ることのできる大型の映像情報装置が設置されています。     1階では、2度と核兵器の使用がされないよう、原爆投下当時の凄惨な実際の写真や資料が展示されています。 リニューアルされた資料館は、実際の資料と最新の情報技術をもとに、原子爆弾の歴史や核兵器を使用することの悲惨な状況をより深く知り伝えることのできる資料館へ変貌しています。   なお、同日に本館は改修工事のため閉館され、2018年(平成30年)7月にリニューアルオープン予定です。
  • 広島県で里山の魅力を発見「ひろしまさとやま未来博2017」
  • 広島県で里山の魅力を発見「ひろしまさとやま未来博2017」

    2017.2.26
    広島県の里山地域活性化をテーマにしたプロジェクト、「ひろしまさとやま未来博2017」が2017年3月25日(土)からスタートします。   このプロジェクトは、主に広島県北に位置する中山間地域の将来にわたる活性化のため、「多様性~ダイバーシティ」・「創発性~イノベーション」・「持続性~サスティナビリティ」の3つをキーワードに、地域の人と都市部の人の交流やカタチづくりを目的として、11月までの開催期間中に様々なイベントや取り組みが行われるものです。   スタートとなる3月25日(土)には、メイン会場となる三次市民ホール「きりり」にてオープニングフェスタが開催され、湯崎県知事のオープニングセレモニーや各種ステージプログラムが行われます。 出典:「ひろしまさとやま未来博2017」オープニングフェスタチラシ   同日に、自転車でチェックポイントをまわるオリエンテーリング「さとやまソーシャルライドin三次」も開催されます。   期間中に行われる様々なイベント・プロジェクトは、公式サイトや季節ごとのガイドブックで確認することができます。 広島の豊かな自然が育まれているさとやまで、地域の触れ合いを体験してみてください。   【ひろしまさとやま未来博2017】
    開催日 2017年3月25日(土)〜11月
    場所 主に広島県北の中山間地域
    備考 オープニングフェスタ 2017年3月25日(土)10:30〜14:00 場所:三次市民ホールきりり
    ホームページ ひろしまさとやま未来博2017
  • 宇宙海賊船クルーズが初開催されました
  • 宇宙海賊船クルーズが初開催されました

    2016.9.16
    マリーナホップから出航している海賊船「海王」で、2016年9月15日(木)の十五夜に、宇宙をテーマにしたクルージングイベント「宇宙海賊船クルーズ」が開催されました。 img_4156web     日頃から宇宙をテーマにした町おこしをしている、広島県北広島町にある「芸北ぞうさんカフェ」が主催。カフェの常連客さんや宇宙に興味のある方が多く集まりました。 船は宮島を目指して出航し、船上ライブや生演奏で盛り上がりながら進んでいきます。 img_4167web img_4179web     宮島に到着すると、海に浮かぶ大鳥居に近づき海上からその姿を見学してここで折り返し。 img_4194web     しばらくすると、このクルージングのメインイベント、井筒宇宙博士による宇宙トークショーが始まりました。 クルーズ船が海賊船ということで、まずは海賊の話しからはじまり、「航海は星を見て進路をとる」と言う宇宙の話へと繋がり、当日は十五夜ということで、月の話からシャケも満月を見て自分の戻る方向を確認しているという興味深い話しも聞くことができました。 img_4203web     その満月はというと、上空はあいにくの曇り空。時折雲の隙間から見え隠れする程度でしたが、参加者の中には「ちょっとでも月が見えたから団子を食べよう」と、持参していたお月見団子を船の上で食べ、楽しむ姿も見られました。
  • 十五夜に、宇宙をテーマにした海賊船クルーズが楽しめる
  • 十五夜に、宇宙をテーマにした海賊船クルーズが楽しめる

    2016.9.9
    マリーナホップから出航している海賊船「海王」で、2016年9月15日(木)の十五夜に宇宙をテーマにした「宇宙海賊船クルーズ」が開催されます。 73b696aa71e4e3ff0a4a753e67090e46-723x1024   今回宇宙トークショーと船上天体観測を実施される井筒宇宙博士は、NASAプロジェクトメンバー入りを辞退して、東京から広島県北広島町に移住してこられたという驚きの経歴を持った宇宙博士です。 瀬戸内海をクルージングしながら、宇宙に思いをはせる貴重な体験ができそうです。 その他、中国楽器の二胡による生演奏や即興劇が楽しめるなど催しも満載。 参加料金の中にソフトドリンクとビールの飲み放題が付いていますが、食事はないので食べ物は持参しましょう。 宇宙に興味がある方は必見のイベントに、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。 【宇宙海賊船クルーズ】
    開催日 2016年9月15日(木)
    時間 18:30乗船開始 19:00出航 21:00頃 帰航
    料金 大人:3,000円(高校生以上) 子供:1,500円(小・中学生) ※ソフトドリンク・ビール飲み放題付き ※食べ物の持参可能(船内での販売は無し)
    場所 マリーナホップ桟橋集合
    問合せ 芸北ぞうさんカフェ TEL:0826-35-1324
    ホームページ 芸北ぞうさんカフェ ひろしまリバークルーズ
    スポンサーリンク

    飲食店を探す