広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

2017年広島カープ優勝パレードが11月25日に決定!

2017.10.17

2017年のセ・リーグ優勝でリーグ2連覇を果たした広島東洋カープが、11月25日(土)に優勝パレードを行うと正式決定がありました。

 

昨年の11月5日開催から考えるとかなり遅い実施となりますが、当初の予測通り2週間の秋季キャンプを考えてのことと思われます。
優勝パレードは昨年同様平和大通りで10:30からの開催予定となり、選手が乗るオープントップバスは、広島の観光スポットを巡るメイプルスカイ2車両が今年も利用さるものと思われます。

スポンサーリンク

昨年と同様であれば、その後場所をマツダスタジアムへ移して優勝報告会も同日開催されることが予測されます。

広島カープは10月18日から日本シリーズ出場をかけてCS(クライマックスシリーズ)の戦いが始まります。

今年はカープ日本一を祝うパレードとなるとこを願うばかりです。

  • 世界遺産の宮島・嚴島神社で秋の舞楽(ぶがく)を堪能
  • 世界遺産の宮島・嚴島神社で秋の舞楽(ぶがく)を堪能

    2017.10.10

    宮島・嚴島神社の高舞台で、2017年10月15日(日)に菊花祭が行われます。

    毎年春には桜花祭、秋には菊花祭が行われ、それぞれ桃の花・菊の花を御祭神に供える祭典で、11の舞楽(ぶがく)の奉納とともに執り行われます。

     

    舞楽とは

    舞楽とは、日本の古楽である雅楽(ががく)による舞踊のことで、平清盛によって京の都から宮島へと伝えられました。現在では全国でも数カ所でしか見ることができないようです。

    当日の満潮時刻は18:50になっているので、潮の満ちた嚴島神社で舞楽を楽しめそうです。
    なお、舞楽のクライマックスは20時を過ぎるので帰りのフェリー時刻を事前にチェックしておきましょう。松大汽船の最終便は20:15、JRフェリーは22時台までありますが、20時以降はおよそ40分に1本の便数に減ります。



    スポンサーリンク
  • 本通りにレッドカーペット出現でファッションパレード開催
  • 本通りにレッドカーペット出現でファッションパレード開催

    2017.10.9

    ファッションで広島の街を盛り上げるイベント「広島ファッションウィーク」のメインイベント、「ファッションウォーク」が2017年10月8日(日)に、本通りと金座街で開催されました。

    2014年から始まった同イベントですが、ファッションパレードは今年が初開催。通りの中央に敷かれたレッドカーペットの上を、モデルやダンサーなど総勢約800名がパフォーマンスを行いながら歩き、詰めかけた観客を盛り上げました。

    ファッションウィークのテーマカラーは赤。さらに、広島もカープの赤で盛り上がっていることから、赤色をあしらった衣装を身につけて登場したモデルやダンサーが多く見られました。

    パレードの最後は、今年12月に広島で初開催される「東京ガールズコレクション」の人気モデル・マギーさんなど3名が登場し、この日一番の盛り上がりを見せていました。


    <動画での様子>

  • 2年連続、本通りで広島カープの大ちょうちん行列
  • 2年連続、本通りで広島カープの大ちょうちん行列

    2017.10.8

    2017年10月7日(土)に、広島東洋カープのセ・リーグ連覇を記念して「大ちょうちん行列」が行われました。

    <動画での様子>

    事前に申し込みをした一般参加者1000人とスポンサー・関係者およそ600人の計1600人が、カープV8のロゴが入った赤いちょうちんを片手に本通りから金座街を真っ赤に染めて練り歩きました。

    行列の先頭には、カープOBのレジェンドと呼ばれている北別府学さんや大野豊さんなど6人が並び、沿道に詰めかけた広島市民や観光客から歓声を浴びていました。

    列には広島カープの私設応援団メンバーも参加しており、トランペットや太鼓でのカープ応援歌の演奏に、参加者や市民の大合唱が響き渡りました。

    カープはこの後18日からCS、そして日本シリーズと負けられない戦いが始まります。昨年惜しくも逃した日本一の栄冠を手にするために、祈願しつつ歩いた大ちょうちん行列でした。

  • 西条で「酒まつり」が開催されました
  • 西条で「酒まつり」が開催されました

    2017.10.8

    酒の都・西条で2017年10月7日(土)・8日(日)に「酒まつり」が開催されました。
    毎年2日間でおよそ25万人の来場者で大いに賑わう酒まつり。近年は外国人の参加人数も増えているようで、至るところで西条の酒を楽しんでいる外国人の様子を見かけました。

     

    酒ひろば

    全国から地酒1012銘柄が集まり飲み比べができる「酒ひろば」には、来場者がぎっしりと詰めかけて大賑わい。

     

    広場内は各地方ごとにお酒のブースが分れており、「中国地方はどこ?」や「次、中部地方に行こ!」など、楽しそうにお酒を探す声が聞こえていました。

     

    KIZUNA会場

    KIZUNA会場では、乾杯で人と人との絆を繋げるテーマを掲げて、来場者と「1000人の乾杯リレー」を実施。
    会場中に響く「カンパーイ」の大きな声は、開催1日目であっという間に1000人を突破し、その後も次々と乾杯の輪が広がっていきました。

     

    酒蔵イベント(賀茂鶴酒造)

    8つある酒蔵では、限定酒や大吟醸ジェラートの販売など、それぞれ酒蔵イベントを開催。中でも賀茂鶴酒造さんは設立100周年を迎えることもあり、利き酒トライアルや杉玉作りの実演など趣向を凝らした新企画が盛りだくさん。みなさんで酒まつりを大いに盛り上げていました。

     

    お酒の販売コーナーでは、設立100周年を記念して10月2日に発売されたばかりの純米のお酒「広島錦」が登場。ワインレッドのパッケージはひときわ目を引く存在感です。

     

    賀茂鶴酒造さんは、商号に「鶴」を使用していることから、鶴の保護活動を行なっている北海道の「釧路市タンチョウツ鶴愛護会」へ、およそ半世紀にわたって寄付を行なってきました。
    今年はそのお礼を兼て愛護会の方々がはるばる北海道から駆けつけ、丹頂鶴音頭を披露されました。

     

    恒例の鏡割りは来場者の中から数名を募り、「ヨイショ、ヨイショ、ヨイショー」の掛け声で勢いよく開かれ拍手喝采。

     

    その後、「ミス日本酒」から来場者に振る舞い酒が配られると、あっという間に長い行列が。

     

    そのほか、まつり会場の様々なエリアではグルメが充実しており、西条のご当地グルメである美酒鍋をはじめ、焼き牡蠣、広島ビール牛、三原タコ、お好み焼きなど広島グルメをとことん満喫することができました。

     

    スポンサーリンク

    皆様の情報を
    お待ちしています!

    飲食店を探す