広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

NEWS 広島ニュース

第33回 宮島かき祭りが開催されました

2017.2.13
2017年2月11日(土)・12日(日)の両日、人気観光地の宮島で「第33回 宮島かき祭り」が開催されました。   桟橋前広場で開催される宮島かき祭りは、広島県内で開催される牡蠣祭りの中でも一際人気を博しており、例年多くの来場者が宮島の牡蠣を堪能しに詰めかけています。   牡蠣祭りで人気のメニューとなるのは殻付き焼き牡蠣や蒸し牡蠣、牡蠣ポン酢などで常に行列が出来ますが、筆者はまだ食べたことがなかった牡蠣カレーうどんに並ぶことにしました。 大きな鍋でグツグツと煮立つカレーは、並んでいても美味しそうな匂いが立ち込めてきます。 鍋をかき混ぜている棒は宮島名物のしゃもじでした。   ルーに牡蠣のエキスが溶け込み、旨味が広がる味わいの牡蠣カレーうどん。牡蠣が3個も入って200円とは激安です。   ステージ上ではライブや宮島太鼓の披露があり、来場者は牡蠣料理を片手に楽しまれていました。 肌寒さはありましたが、両日ともよく晴れてイベント日和となりました。
  • 第28回大野かきフェスティバルが開催されました
  • 第28回大野かきフェスティバルが開催されました

    2017.2.12
    宮島口にあるボートレース宮島にて2017年2月12日(日)、「第28回大野かきフェスティバル」が開催されました。 宮島への玄関口となっている場所とあって、地元市民はもちろん多くの観光者がイベント会場へ足を運び賑わいました。   大野の牡蠣は、宮島の原生林から流れている清流に含まれるプランクトンをえさに大粒に育つのが特徴です。 イベントでは、この大野牡蠣を使用した牡蠣ポン酢が無料で配られ、来場者は嬉しそうに受け取っていました。   メインの牡蠣料理は、焼き牡蠣をはじめ牡蠣うどん、牡蠣飯、牡蠣フライなどが販売され、どれも行列ができる人気ぶりでした。   物販ブースでは、人気の殻付き牡蠣が10個で1000円と格安で販売されたほか、名物の穴子飯や、地元食材もブースに並び、多くの来場者が買い求めていました。   この日は宮島でもかき祭りが行われており、どちらにも参加して広島の牡蠣を満喫した観光者もいらっしゃいました。
  • 宮島で冬の味覚を楽しむ「牡蠣祭り」が開催されます
  • 宮島で冬の味覚を楽しむ「牡蠣祭り」が開催されます

    2017.2.10
    世界遺産「嚴島神社」のある宮島で、毎年冬に行われる「宮島かき祭り」が、今年も2月11日(土)・12日(日)に開催されます。   地元市民と観光客が集まる宮島のかき祭りは毎年多くの来場者が詰めかける大人気のイベントで、お目当の宮島グルメを食べようとあちらこちらで行列ができるほど賑わいます。 昨年の様子 会場では、牡蠣の土手鍋・牡蠣卵汁・牡蠣ポン酢・牡蠣カレー・牡蠣せいろ蒸し・牡蠣飯など様々な牡蠣料理を楽しむことができ、宮島の旬の味覚を堪能することができます。   美味しい牡蠣が安価で販売される嬉しい直売コーナーや、ステージイベント・宮島太鼓の披露など楽しめる内容が盛りだくさんとなっています。 【宮島かき祭り】
    開催日 2017年2月11日(土)・12日(日)
    時間 10:00~15:00頃まで
    場所 宮島桟橋前広場
    問合せ 宮島観光協会 TEL:0829-44-2011
  • 竹原町並み保存地区で、雛めぐりが開催されます
  • 竹原町並み保存地区で、雛めぐりが開催されます

    2017.2.6
    江戸時代の町並みが今に残る保存地区で、今年も2月10日(金)から「たけはら町並み雛めぐり」が開催されます。 昨年のお雛様   2006年に7セットの展示から始まった雛めぐり。今では町並み保存地区一帯で100セットを超える雛人形が飾られ、観光客の目を楽しませる大きなイベントとなりました。 昨年のお雛様   雛めぐり開催期間中はクイズ&スタンプラリーをはじめ、琴のライブやおひな様作りに、着物をレンタルして巡れる催しなど様々なプログラムが用意されるほか、雛めぐり限定のランチやカフェも楽しめます。   竹原町並み保存地区は広島の観光スポットとしても人気の場所なので、まったりと散策しながら旧家を巡ってみてください。 【たけはら町並み雛めぐり】
    開催日 2017年2月10日(金)〜3月20日(月)
    時間 10:00~16:00
    場所 町並み保存地区一帯
    問合せ NPO法人ネットワーク竹原 TEL:0846-22-0214
    ホームページ たけはら町並み雛めぐり公式サイト
  • ひろしまフードスタジアムが開催されました
  • ひろしまフードスタジアムが開催されました

    2017.2.4
    今年で2回目となる「ひろしまフードスタジアム」が、2017年2月4日(土)から旧広島市民球場跡地で開催されました。   2日間開催されるフードスタジアムは、ステージ上での鏡開きで幕を開けました。 「せーの」、「よいしょ」の掛け声で酒樽が開かれ、その後振る舞い酒として来場者に配られました。   フードスタジアムの目玉は、なんと言っても2万人の巨大牡蠣鍋。巨大な鍋に広島牡蠣を416kg、味噌を500kg使用して作るインパクト大の牡蠣汁です。   11時から1杯200円で販売されましたが、10時のイベント開幕と同時に来場者がどんどん並んでいき、あっという間に長蛇の列ができました。   その列はついに会場を抜け出し、裏門から外周へと続いていくほど大人気となり、注目度が伺えました。 ただ、開催側は去年初開催時の大混雑の経験から、このことは事前に予測していたようで、案内板も事前に用意してありました。   会場内には様々なグルメブースが並び、中でも牡蠣料理は様々で、牡蠣味噌焼そば・殻付き焼き牡蠣・蒸し牡蠣・牡蠣フライ・牡蠣めし・牡蠣汁・牡蠣きんぴら・牡蠣うどん・牡蠣土手鍋など広島の牡蠣料理を思う存分楽しめました。   今年は、「選ばれしてっぱん銘店祭り」と銘打って、広島お好み焼きも楽しめるイベントが初開催され、こちらにも多くの来場者が集まり焼きたて熱々のお好み焼きが楽しめました。   入場ゲートから入って正面辺りに設置された観光PRブースには、弊社が発行しているフリーペーパー「旨い!広島・宮島」が設置され、来場者の広島観光のお供としてひと役買わせて頂きました。
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    皆様の情報を
    お待ちしています!

    飲食店を探す