広島観光情報総合サイト「旅やか広島」

EVENT イベント・行事

第89回 鞆の浦観光鯛網

2018.5.3~2018.5.27開催

鞆の浦で約380年もの長きにわたって伝わる伝統漁法を、見学者に披露する初夏の風物詩。2015年には、「鯛しばり網漁法」が福山市無形民俗文化財に指定されました。

写真提供:広島県



スポンサーリンク

イベント参加者は観覧船に乗り込み、瀬戸内海の上で漁の様子を見学することができます。

写真提供:広島県

 

観光鯛網の流れ

1.樽太鼓・弁天龍宮の舞
仙酔島の浜で、大漁の祈りを込めて樽太鼓・大漁節の披露と、弁財天の使い「乙姫」が大漁祈願の舞を披露。
2.観覧船へ乗船
大漁祈願が終わったら観覧船に乗り込み、仙酔島仮設桟橋より出航。
3.漕出式
出航後、古式にならって左に3回まわります。
4.出漁
大漁旗と共に鯛網船団が沖合へと進んでいきます。
5.網入れ
指揮船の合図で2隻の船が左右に分かれ、長さ1500mほどある網を海中へ100mほどおろしていきます。
6.網しばり
掛け声をかけながら網を少しずつ小さくしていきます。「ちがい戻し」と呼ばれる鯛網の見どころです。
7.大漁
網を引き上げると観覧客は親船に移り、その場で獲れたての桜鯛を購入できます。
8.下船・史跡巡り
鯛網が終わった後は、鞆の浦周辺の史跡を巡る無料ツアーに参加することもできます。

観覧料

前売り券(5月2日迄)
大人(高校生以上)2500円/小・中学生1250円
個人観覧券
大人(高校生以上)2800円/小・中学生1400円
バス券付観覧券
大人(高校生以上)3300円/小・中学生1650円
家族観覧券
6,000円(大人2人と小・中学生2人まで)
15名以上の団体券
大人(高校生以上)2200円/小・中学生1100円

※団体の鯛網観覧は予約が必要
※渡船時刻は毎時10分・30分・50分(鞆発/所要時間約5分)。遅くとも午前の部10時10分・午後の部13時10分にご乗船ください。
※鯛網観覧券を提示された方は、「鞆~仙酔島」間の市営渡船料は不要

鯛網観光特典

●鯛もしくは保命酒のどちらかを抽選で1点プレゼント
●鯛網で獲れた桜鯛などの魚を特価販売
●観光鯛網終了後、鞆の浦の史跡巡り無料ツアーに参加(約1時間)
●自動車時計博物館で鯛網観覧券を提示すると入場料が無料

スポンサーリンク

DATA

イベント名
第89回 鞆の浦観光鯛網
開催日
2018年5月3日(木) ~ 2018年5月27日(日)
時間
平日13:30〜、日・祝日10:30〜/13:30〜
場所
福山市鞆町仙酔島田の浦
アクセス
車で福山東ICから鞆の浦まで約30分
車で福山西ICから鞆の浦まで約40分

MAP

マップ上のピンについて

周辺の観光スポット

おすすめイベントPickUp

スポンサーリンク

イベントカレンダー

皆様の情報を
お待ちしています!

飲食店を探す


PAGETOP